常温で長期保存可能な食料を紹介!冷蔵庫が必要ないって本当?

長旅に必要なものとして最初に挙げられるのは食料ですよね。

冒険に長旅はつきものです。

冷蔵庫を持ち運ぶわけにはいかないので、常温で保存できる食料について考える必要がありますよね。

そこでそのまま常温で長期保存可能な食料について調べてみました。

スポンサーリンク

賞味期限や消費期限はあくまで目安

私は期限が過ぎた納豆や魚などをよく食べますが、特に異常はありません。(納豆とか元々腐ってるしヘーキヘーキ)

人間はちょっとくらい期限が過ぎたものを食べても大丈夫なんです。

保存しておきたいと思うものはとりあえず冷蔵庫に入れておけば最低でも1週間くらいは何とかなります。

本当にやばいときは臭いでわかるので、食品の期限に関して考えすぎる必要はないと考えています。

特に長旅をする場合は食べなければ生きていけないので、食料が多少腐っていても食べますよね。

常温で長持ちする食料

現代であれば食料は必ず冷蔵庫に保管するというのが常識です。

しかし常温で保存できる食料は存在します。

それでは代表的なものを1つずつ見ていきましょう。

なお保存できる期間に関しては気候によって変わるので注意してくださいね。

お米

常温で長期保存可能と言えば、日本人にとって主食とも言えるお米が挙げられます。

密閉した容器に入れておけば1年以上保存可能です。

火を起こすことができれば、いつでもどこでも炊いて食べることができます。

栄養も豊富で、満腹感を感じやすいので長旅の食料としてオススメできます。

ちなみに今ふと思い出して1年くらい前から放置してる米の様子を見てきました。

見た目はそこまで変化はありませんが、少しにおいを感じます。

どれだけ長く保存できるかはその状況によって変わります。

タッパーに入れて保存していましたが、できるだけ早めに食べたほうが良いですよ、マジで。

ナッツ類

アーモンドやクルミなどのナッツ類も長持ちします。

かつては冬を越すためにあらかじめ秋に収穫して保存されていたそうです。

確かにリスなどが冬眠に備えて木の実などを溜め込んでいるようなイメージがありますよね。

密閉して保存すれば冷蔵庫に入れなくても、約1年ほど長持ちするらしいです。

現代でナッツ類は保存食というよりかは、主におつまみとして市販され食べられています。

賞味期限は商品のパッケージに記載されていますので、長期間放置していた場合はそれを目安に食べられるかどうかを決めましょう。

ナッツ類は元々保存食ですが、食べられないときは食べられないので、臭いに違和感があると思ったら素直にあきらめましょう。

サツマイモ

野菜って長持ちしなさそうなイメージがありますが、サツマイモは長持ちします。

しかも野菜のくせに冷蔵庫で保存する必要がありません。

条件にもよりますが、風通しの良いところに新聞紙などで丸めておけば、1ヶ月以上保存可能らしいです。

それに多少怪しくても火を通せば食べられるようになりますよ。(無責任)

もちろんサツマイモに限らず他の芋類も長持ちします。

また芋類ではありませんが、野菜の中ではカボチャやタマネギは保存方法によっては2~3ヶ月も保存できるようですね。

戦時中の世界が舞台となっている作品では、特にサツマイモを食べているシーンが多いですよね。

サツマイモは栽培が容易で収穫量も多くて保存も利くことから、戦時中の食料として重宝されていたわけですね。

もちろん現在でも石焼き芋のトラックを見かけることから、サツマイモは身近な食料と言えますね。

たまご

え?たまごってすぐに期限がきてしまうイメージがあると思ったのですが、違うんですか?

しかも常温で置いておいたらすぐに腐ってしまいそうですが、どうなのでしょうか。

たまごってスーパーの冷蔵のエリアとかに置いていなくて、普通の棚とかに並べられていませんか?

このことからたまごは常温でも保存可能な食料であることがわかります。

ただし冷蔵庫があるならそこに入れておいたほうが無難だと思います。

そしてその保存期間はなんと約2週間です。

季節によっては1ヶ月以上も保存可能になるらしいです。

たまごは完全栄養食とも言われており、非常に高い栄養価があります。

たまごの殻は割れやすく、そういった事情を除けば、米と同様に長旅に欠かせない食料になると思います。

期限が3ヶ月くらい過ぎたたまごを焼いて食べたことがありますが、特に問題はありませんでした。

このように火を通せば多少期限が過ぎても大丈夫なのです。

ただ少し臭いが気になりましたね。

心配な方はお早めにお召し上がりください。

まとめ

お米、ナッツ類、サツマイモ、たまごは常温で長期保存が可能な食料です。

冒険もののジャンルの作品を考えるときに、長旅をする際に食料の問題が発生します。

そのときにどういった食料が長旅に適しているのかということを考えるのに参考にしていただければなと思います。

本当に困ったら塩漬けにしたものや、缶詰などを食料として持ち運んでいたということにしておいても全然問題ないと思いますけどね。

ちなみに缶詰が普及し始めたのは1800年代ですね。

缶切りよりも先に缶詰が誕生したのはあまりにも有名。

それまでは無理やりこじ開けていたそうですが…。

もしよろしければキャラクターの食事シーンに関して書いた以下の記事もぜひご覧ください。

物語の中でキャラクターが食事をとるシーンって必ずありますよね。こういったさり気ない演出によってキャラクターの生まれや育ちなどを表現することができます。そこで食事シーンの演出によってキャラクターの個性を表現する方法について調べてみました。