映像作品におけるBGMの重要性と有名クラシック曲紹介

映像作品において、面白いシーンや熱くなるシーン、または感動するシーンなどでは、必ずそれらのシーンを引き立てるために演出としてBGMが流れています。

あえて何もBGMが流れていない状態で表現されることもありますが、これも無音という演出の1つなのです。

そこで映像作品におけるBGMの重要性について調べてみました。

スポンサーリンク

BGMがすごく重要だと言える例

書籍作品と映像作品との大きな違いは、前者は文字と絵だけで表現しなければいけないことに対して、後者はBGMや効果音、キャラクターの声に加えて、絵を動かすことができるので、より演出の自由度が高くなります。

例えば感動的なシーンのBGMは、最も感動する瞬間とBGMの盛り上がりの瞬間が重なり合って魅力的に感じれるようになっています。

それぞれのシーンに応じて適切にBGMを合わせているので、BGMを聴きながら書籍作品を読むだけでは得られない効果があるのです。

また同じシーンでもBGMが違うだけで感じられる印象が大きく変わります。

アニメの「こち亀」のBGMを他の作品のシーンに合わせてある動画を見たことがありますか?

youtubeなどで「こち亀 BGM つけてみた」というキーワードで検索してみると、それらしい動画を見ることができます。

どんなシリアスなシーンでもギャグシーンのように感じられ、いかにBGMが重要かということがわかると思います。

クラシックからシーンを想像してみる

作品を制作しようと思った際にどういう内容のシーンにしてみようかと迷ったときに何かのBGMを聴きながら考えてみるのもいいかもしれませんね。

例えばですが感動するシーンを考えようと思ったら、いろんな作品の感動するシーンのBGMを聴きながらだと作業が捗るかもしれません。

BGMはシーンを盛り上げるために重要な要素ですが、逆にBGMからシーンを想像することも効果的なやり方だと思います。

そこで作業用BGMとしていくつかクラシックの曲を紹介します。

ベートーベン 運命

ところで国際標準のビジネスマナーにおいて、ドアをノックする回数は4回だって話を聞いたことありませんか?

それでこの曲の最初の”デデデデーン”の部分って実はドアを4回ノックしてることを表現してるらしいです。

昔マナー講師の先生がドアを4回ノックする理由は説明するときにこの曲のことを引き合いに出していたんですけど、本当なんですかね?

ショパン 別れの曲

バッハ G線上のアリア

まとめ

クラシックの曲って結構いろいろな作品でBGMとして使われているんですよ。

それだけ作品の魅力を引き出す効果があるということでしょうか。

いろんなクラシック曲を聴くと、自分が表現したかったシーンが思いつくかもしれませんね。